手作りの結婚指輪で、二人の愛をより深いものに!

手作りの結婚指輪って?

結婚指輪は大手ジュエリーメーカーにオーダーして作ることが一般的です。しかし、二人で手作りすることも可能なのです。工房のようなところに赴き、時間をたっぷりとかけ二人で力を合わせてオリジナルリングを手作りすることができるのです。手作りのため時間と手間は大いにかかりますが、その分二人のよい思い出となることは間違いありません。また、作成は本人たちで行うことから費用も少し抑えることができるところも安心ですよね。

どんな流れで作成するの?

まず、結婚指輪の手作りを承ってくれる工房・会社を探します。気に入ったデザインが多いところから、自宅に近いところまでいくつか比較し自分たちにあったところをみつけましょう。好みのところがみつかったら、実際に工房・会社に赴き担当者と計画を立てます。ここで制作を決定したら工具や作り方の説明を受け、空きがあれば当日そのまま制作に取り掛かることも可能のようです。型の完成後、2週間~2,3か月ほどで完成となる流れです。

気になるアフターサービス

どんなにオリジナルで思いを込めたものでも、付けているうちに傷ができてしまったり割れてしまったりしないか不安ですよね。職人ではなく自分たちで作ったもののため、品質に不安があるという意見の方も多いのではないでしょうか。こういった不安の声を解消すべく、多くの手作り工房・会社ではアフターサービスもしっかりと受けてくれるところがほとんどです。もとの型を残しておけば、もし紛失した場合でも同じものをつくることができるのです。もしものことを考えると、安心のケアサービスですよね。

結婚指輪は、結婚する2人がお互いに夫婦同士ですということを示す指輪です。婚約指輪は送らない人が増えていますが、こちらはほとんどのカップルが購入しています。