遠距離恋愛の末の結婚式は新郎新婦どちらに合わせるべき?

結婚式の会場選びに一苦労

遠距離恋愛を見事実らせていざ結婚となると問題が式場選びです。新郎新婦、どちらかの出身地に合わせるのが普通のようです。例えば新郎が北海道で新婦が九州の場合は北海道で行うことが多いようです。全員の旅費をすべて出すわけではないですが、親族くらいは出すのが当たり前とされているので、間をとって東京でとなると両者の旅費がかかってしまい、とんでもない費用がかかることになるので、どちらかに合わせた方がいいのです。

お金に余裕があれば両方で行うのもあり

新郎新婦のどちらかに合わせるのではなく、お金に余裕があれば両方で披露宴を行うという方法もあります。披露宴ともなると100万単位の費用がかかってしまうので、食事会という形で行うのもいいでしょう。これなら両者の親族以外の友人なども招待できるので、幅広い人と顔を合わせることができます。それにこれなら新郎新婦の旅費だけで済み、親族が披露宴に参加するための費用を負担しなくてもいいというメリットもあるのです。

親族だけでなく今の会社関係も考えて

親族はもちろんですが、今の会社関係も呼ぶとなると会社の近くの会場を選ぶという方法もあります。特に会社関係の参列客が多く見込まれる場合、親族でないと旅費を全て出すのは難しいため、会社の近くで行うのが一番経済的なのです。ただ、披露宴は行わずに結婚式だけという場合、そもそも会社の人は呼ぶ必要はないので、新郎新婦との食事会という形で済ませるといいでしょう。これなら仕事が終わってからちょっと食事会という方法でも可能なので、都合がつきやすいというメリットもあります。

結婚式場に対して思い入れが強い方はとても多いです。もしも結婚式場を神奈川で希望しているならば、ホテルウェディングやレストランウェディングなど、好みの挙式スタイルを実現できます。なぜなら、神奈川にはたくさんの結婚式場が存在しているためです。